2019年9月22日 (日)

台風17号通過後の様子

唐辛子・バジル・グァバ・オクラ・ゴーヤを収穫。

バジルはソース、グァバはスムージー用に切って冷凍。

鉢類は玄関に取り込み、カヤックは、家の中に保管。

進路が東シナ海の時は、万全の備えをします。

助かった~。

今回は、事なきを得てホッ!としているところです。

いつもは静かな海、通過後でもまだまだ大荒れ!

057

063

079

明日は、恒例の外掃除。

それより、ハイビスカスローゼルやコットンボールは大丈夫だったかな~。

もう少し経ったら、様子を見に行ってみよう。

011

015

008

2019年9月 5日 (木)

葉っぱも味わいます

084

我が家の新種

013

▼ 葉っぱがメインの佃煮 

水気を絞った葉と実とちりめんじゃこ

醤油・味醂・酒で弱火にして、汁気がなくなるまで煮る。

060

2019年9月 4日 (水)

青唐辛子とちりめんじゃこの佃煮

ご飯がすすむ ♪ レシピです。

唐辛子はアナハイム

010

013

味付けは、醤油・味醂・ハチミツ

いとも簡単 ! 汁がなくなる寸前まで煮るだけ !

015

ひと晩置くと、もっと美味しくなります ♪

026

スズメ

chick 身近な野鳥 chick

ずんぐりむっくりの丸っこい体で、チュンチュンと可愛いスズメが一匹やって来たのです。 久しぶり~ sweat01

024

電線にずら~り並んでいる雀の風景が当たり前の時代を過ごしました。

そうそう、学校帰り、道端の雀に給食の残りのパンをあげていた。

近頃は、見かける機会が少なくなりました。

野生生物の減少は、いろいろな原因が考えられるでしょうが、ほとんどが人間によるものだと思います。

私たちは、常に自然に対し感謝の気持ちを忘れてはならない。

だって、自然に生かされているのですから sweat01025

7月作った記事・保存したまま公開されてなかった・・・ sorry ・・・

 

 

2019年8月26日 (月)

夏場は深煎り

自家焙煎グァテマラ                 

031

まず、生豆のごみや質の悪い豆を丁寧に取り出し、遠赤外線効果に海の石を入れ、ひたすら振りながら焙煎。

いい具合になったら、熱い石を取り出し、うちわでパタパタ扇ぎながら一気に冷ましてゆきます。

Hideさんが、生豆を焙煎始めた瞬間、何ともいえないコーヒーの香りが部屋中に漂い、私の脳からはアルファ波が出て・・・心からリラックス、いつもの幸せ時間

018

027

その後、彼の好みのトルコ式で淹れてくれるコーヒーは、その都度微妙に味が変わる面白さ ♪

きっと鮮度の良さもおいしさの決め手なのでしょうね ♪

落した豆も大事!だって、こんなところに使われているのです。

008

                        ※ ドライヤー絶対落ちる事はない

011

P.S.

雨の中、照国オリーブラボに足を運んで頂いた皆様、本当にありがとうございました。

又、心を込めた商品の数々、御買い上げ頂き、心よりお礼・感謝申しあげます。

 

 

 

 

2019年8月23日 (金)

照国オリーブラボでコットンフェア開催

8月23日(金)14時~18時

8月24日(土)11時~18時

8月25日(日)11時~18時

場所は、鹿児島市城山町3ー38

照国オリーブラボ@照国オリーブラボ

照国オリーブラボで始まった、表参道にあるオーガニックブランド nanadecor fair in kagoshima にあわせて四種類のソースを作りました。

キッチンガーデンのお野菜ハーブ類は、全て無農薬です。

「 Prick Fish Sauce  」

トウガラシの種類は、ロング スリム レッド カイエンヌ

刻んでナンプラーに漬け込んだタイの万能調味料。

ライムやレモンの汁を合わせてタイ風サラダに!

ご飯の上に目玉焼きと一緒に、いっぱい汗をかく目玉焼き丼!

今年のスリムで長い唐辛子は、とても辛かったので旨さを増すためにパクチーの茎を入れました。 

054_3

「 Hot Sauce 」

トウガラシの種類はアナハイム

今回はバナナとパイナップルの二種類のフルーツ入り。

ピザやパスタ等・・・代謝がよくなるので夏バテ対策に!

058_2

「 Hot Chilli Sauce 」

甘辛さがクセになります.

春巻きやシュリンプブレッドにどうぞ!

057_2

「 Basil Paste 」

強烈な日差しの下でのびのびと育てた自家栽培のバジル・ニンニク・坊津の海の塩と松の実、オリーブオイルが入っています。

バジルソースにアボガドを加えなめらかさをアップ!

パスタ ▼アボガドのジュノベーゼ

鶏肉にたっぷり塗ってグリル!簡単に冷奴に乗せて!

056_2

Hideじいさんが手作りで、こつこつ丁寧に磨き上げた

▼ 木製スパチュラ・小さな小さな銅スプーン ▼

天然素材を使っているので、色味・木目・形が異なります。

カッパースプーンは、お塩やシーズニングスパイスをちょこっと使いたい時に!

060_2

062_2

▼   オーガニックハーブソルト 

▼  鹿児島梅屋の梅ソルト  

007

自然のおいしさ感じて下さい。

いずれも全て手作りですので、数量限定となります。

P.S.

7月2日の落雷被害でブログ長くお休みしていました。

地震・雷・火事・親父(台風)・・昔から人々に恐れられた気象現象

長く生きていると色々な出来事があります。

2019年6月28日 (金)

僕、いつまでも待つよ

                    ▼ 僕のテーブル

004

お母さんがお料理をしている間、キッチンの入り口でちゃんと待っていたら、なんて健気な子なの sweat01 お母さんもう胸キュン sweat01  って! 抱きしめてくれた。

038

ジンジャー姉さんに伝達されたので、怒ったり、悪さしたりは絶対しないよ  sweat01

ぼく、人間の言葉がよく理解できるんだ sweat01

お母さんの仕事が一段落するのをひたすら待っている。

だって!だって!大~好きな きびなご が食べられるんだもんもん sweat01 

バキュ~ンと言われたらコテン sweat01

お食事タイム・・お座りして、OKが出るまで、ちゃんと待てるんだよ sweat01

お行儀いいでしょう。

レモングラス、ジンジャー姉さんと同じでハーブ大好き sweat01

005

お父さんは、一日に何回もブラッシングしてくれるよ。

そして、散歩から帰ると、ぬるま湯で絞ったタオルで身体を綺麗に拭いてくれるんだ!足の裏から耳まで綺麗に!僕はお父さんに身をまかせ、されるがまま、とっても優しいんだから sweat01

おりこうさんだね~可愛いね~が二人の口癖。 

どう キマッてる ? cat

001

 

 

 

2019年6月27日 (木)

ウスバキトンボ

▼ 精霊とんぼ ▼

オレンジ色のトンボ、6月に入り、群れを成して突然出現。

どこで生まれ、どこからやってくるのか、謎の多いトンボだそうです。

霧島市でもお盆の頃によく見かけ、幼い頃、祖母から、亡くなった人の魂を乗せて飛ぶんだよ、絶対捕まえてはいけない と 教えを受けました。

当地に来て、集団で庭に飛んできた時、あまりの数の多さにびっくり sweat01

あまり羽ばたかず、すいすいと、いつ休んでいるかと思うくらい飛び続けているのでカメラに収めるのはとても難しい。

見つけました sweat01 レッドユッカの葉で一匹休憩中 

015

P.S.

プチ台風は、おかげさまで 恵みの雨となりました。

只今の時間、雨上がりの風景は、木々の新緑が雨露を受けてみじみずしさを増し、虫たちが鳴き、チョウやトンボが飛び回り、小鳥たちのさえずり ・・・

彼らはいつもどうやって大雨や強風をしのいでいるのだろう sweat01 

自然に解き放たれた喜びを感じる時間です。

049

055

2019年6月26日 (水)

ホオジロ

chick 身近な野鳥 chick

                                                       5月撮影

015_3

2階の屋根をはるかに越えたイタリアンサイプレスツリーの梢で、天を仰いでさえずるホオジロ

一筆啓上仕り候? いや違う ! とても澄みきった綺麗な声で、多雨以外は、必ず、毎朝5時に鳴き始めます。 

寝室の頭の上、ホオジロのさえずりが目覚まし時計です sweat01 

小鳥の歌声で朝を迎えられるなんて Happiness heart

                                                    ▼ 右下はトンボ

014

026

風が吹いてもゆ~らゆら、よくつかまっていられると感心します。

030

裏手ではこんな鳥も鳴いています。 ヒヨドリ ?

015_2

P.S.

早くもプチ台風、今後の動きが心配です。

強風の心配はなさそうですが、災害が出ませんように sweat01

風が出てきて、波の音が荒くなったので、先ほど10m近く伸びたワシントンヤシの葉を落し、簡単な台風対策終了しました。

 

フェニックス ロベレニー

cherryblossom Phoenix roebelenii cherryblossom  

トロピカルな雰囲気を演出してくれる やしの木

指宿から軽トラックで、6本一緒に運んで来たのですから、いかに小さかったか sweat01

あ~でもない!こうでもない !と 場所・方向を決めて植えた木

成長はゆっくりですが、15年も経つと、 フェニックスの木陰~♪

                                              ▼  こちらは雄株 

002

クリーム色のエレガントな花が咲くと同時に、ミツバチたちが、待ってました!と 集まって来ます。 大切な餌場ですね sweat01 

009

001

013

                                      ▼ こちらは雌株 

046

種が落ちて芽を出し、あちこちで成長しています。

ミツバチたちのおかげですね sweat01

持ちつ持たれつ sweat01

040

Powered by Six Apart

Information