2017年10月 2日 (月)

イエローストロベリーグァバ

019_2

23本の低木に、毎年沢山の実をつけてくれる。 ストロベリーの名に恥じないイエローストロベリーグァバ。  適当に摘果しているので、 プチトマトの大きさから、ピンポンだまをひと回り小さくした大きさまで大きさは色々、もちろん  無農薬。

黒いとこだけ取り除き、まるごと口に入れると、その瞬間 ! 濃厚な舌触りから、ほのかな甘みと酸味が口いっ~ぱいに広がります。  

014_2

今の時期、午後から収穫し、痛みやすいのですぐに裏ごしして、レモン・白ワイン・シュガー・ハチミツでお料理用のソースを作るのが日課です。( 一日200個~300個 )

010_2

009_2

一昨年は、スズメバチの大群に全部食べられてしまいました。養蜂家の友人に話した所、『 春に一匹飛んでくる女王蜂をバトミントンラケットでやっつけたら大丈夫 』 と教えてくれたので、5月末に運よく一匹見つけさっそくパシッ!tennis どんなもんだい dash !!!                             きっと女王蜂だったのでしょう、今年は大丈夫です。                           バトミントンラケット離せなくなりました(笑)

008_2

続きを読む »

2017年9月25日 (月)

万能食材 冬瓜

冬瓜やたがひにかはる顔の形・・・芭蕉

026

冬瓜は、皮もわたもたねも余すことなく食べられる。

タネは炒めて、皮はきんぴらに、定番のそぼろ煮・あんかけ、冬瓜と鶏肉のスパゲッティニ、 冬瓜スパイシーカレー、 冬瓜のポタージュ、 冬瓜のマーボー風炒め  ・・・

さっぱりして優しい風味で低カロリーだから、 今日も冬瓜 ♪ 明日も冬瓜 ♪

006

カレーに入れる食材たち、 台風にもめげず頑張りました。

013

011_2

010

024

2017年9月18日 (月)

台風収穫後のクルミ

皆さ~ん台風見舞いの電話やメールありがとうございました。

18号は直撃の予報だったので、準備は2・3日前からいつもよりしっかり、木は上まで登り対策sweat01

16日の夜は、一匹はぐっすり、私共は心配で一睡もせず ・・・しかし、上陸前は爆睡(笑) 

指宿通過の頃はまたまた猛烈な風、吹き返しは風向きが変わり、強風が夕方遅くまで続きました。 

今までの台風ではびくともしなかったキッチンガーデンの棚が倒れ、立派に成長したオクラや唐辛子たちが傷んで、木の枝が折れたりしましたが、 最小限の被害ですんで安堵の胸をなでおろしています。        

ローゼルは風の中、支柱を足してあげて大丈夫 ホッ!

8月の台風対策で収穫したクルミは443個

早く仕上げたかったのと、殻が黒くなるのがいやで、今回は果肉をハンマーで叩いて仕上げました。 アクが強いので大変な思いをしながらの作業で dash しみだらけ・・sweat01

でも、その甲斐あって、自宅の庭で取れた自家製クルミが食べられ るってわけ  sign03    殻は燻製のチップに利用します。 まだ、12個残っていましたので、合計 455個

076

014

010

114

116

097

2017年9月16日 (土)

ハイビスカスローゼル

ローゼルを愛し・育て・楽しみながらローゼルの素晴らしさを広めていらっしゃるローゼリアンの方から、5月に頂いた種で、初めて育てました。

005_2

オクラの花に似た透明感のある柔らかいピンクの花が咲き始めました。

しかし、喜びもつかの間、台風、最悪のコースです。 

支柱を立てて対策を取りました。 どうか倒れないように・・・と祈るばかりです。

012_2

007_3

001

 

 

2017年9月15日 (金)

綿花で糸を紡ぐ

我が家の庭で摘んだ綿花で、仲良しのドクターが糸を紡いでくれました。

004_2

彼女の手で優しく紡がれた手つむぎ糸・・・なんともいえない風合い。

海岸で拾った貝殻をつけて・・・   彼女の優しさが伝わってきます。

124_2

長い間お休みしました。

8月15日に雷でパソコンがダウン、やっと一週間前に戻ってきました。

二人と一匹元気に暮らしておりますのでご安心下さい。

2017年8月 6日 (日)

備えあれば憂いなし

077 昨日からず~と続いた強い風

040

現に体験してみないとわからないのが事実です。 

海辺はとにかく風が強い、今年も台風5号に備え、まだお天気の良い3日から準備を始め、昨日まで、 知恵と体力を駆使して、被害が最小限に抑えられるよう頑張りました。 

自分達で出来る事は限られているので、自然には勝てない憂いありの場合もあるけど・・・

まず、カヤックを取り込んで、ワシントンヤシの大きな葉を47本も落として、芝のヤシたちや植物たちをロープでくくり、鉢物や飾り物を中に入れ込んで、テーブルや椅子を片付け、クルミの枝を切りクルミの収穫。

次は、畑の赤オクラなど倒れやすいものの支え、たわわに実ったまだ青い唐辛子は風で飛ばされるので全部収穫、ニラは色が悪くなるのでこちらも全て収穫。

収穫したはいいけど、ふぅ~後処理に時間が・・・とぼやきながら、ヤシの葉で籠が編めるのだけどな~と思ってしまう。 駄目駄目・・頭を空っぽに!と ニラのそうじだけで5時間かかり、それから小さく切って冷凍、唐辛子とクルミはまだそのままなんですもの・・・

昨日からの強風の被害は、大切なレモンユーカリの大きな枝が2本折れて、植物達が傷んでしまった。バナナの葉はぎざぎざハート! しかし、 最初の東シナ海通過の予報がどんどん変わったので、今回は、この程度で済んで良かった。

さあ、明日から後片付けだ~ファイト!

004

005_2

 083

 収穫したばかりのクルミ

076

 059

2017年7月31日 (月)

大きな満足と経験

051

Hideさんは、一本のアルミアングルを加工し、やすりをかけ、ドリルで穴を開けて留め金作り、私は、市販のサンシェードを愛用の足踏みミシンで♯16の針を使い縫い合わせ、ミシンが使えないところは手縫いをし、幅2m80cm×110cmのサンシェードに縫いあげました。

ハトメを付けて、昨日、バルコニーにお手製のテントが完成。                   と同時に、大きな満足感と達成感。 

この年になり、思ってもみなかった経験を山ほどします。何事もやれば出来ない事はない!と実感した一日でした。

012

036

019

029

040

 

2017年7月27日 (木)

私の梅干し出来上がり !!!

赤じそ漬けした梅に落し蓋をして、 消毒した海の石の重石をのせて、 晴れの日を待つこと   ひと月。

とうとう雨のタンクが完全にカラになり、チャンス到来 !  さあ、いよいよ梅が干せます。

3日間のカンカン照りに、ひとつ ひとつ ざるに並べて、時々ひっくり返しながら、 3日目の晩だけ夜露にあてて、塩分13パーセント、色がきれいで果肉がふっくらオリジナルの梅干しが79個出来ました。

時期を逃さず、心を込めて作る保存食、他にもラッキョウ漬 ・ にんにくみそ ・ シソジュース 梅しょうゆ・・・既製品にはない美味しさ、手作りがいちばん!

そうそう、Hideさんの作った バナナとパイナップル入り 『 カリビアン風ホットソース     熟成しておいしさ 抜群になりました。                                   SPスペシャルサマーサラダにたっ~ぷり使って夏バテ知らず !!!

001

004

夜露にあてた梅干し

012

2017年7月19日 (水)

雑草に朝露

せっかく梅雨前に草取りしたのに ・・・ 雑草は、私の意図にもかかわらず、戦いを挑んでくる。   踏まれても踏まれても強い! 

少しは遠慮してもらいたいので、毎朝5時半から草取りを始めているsweat01

途中で、もうやだ~なと弱音を吐くと、目の前に朝露を浴びたスギナ、つくし誰の子スギナの子 ♪ 細い葉にしがみついているてんとう虫、 なんて素敵な光景、すぐにカメラを取りに行き、  ここは抜かないでそっとしておこう。     きつさも吹っ飛んだ。

今日は雨、神様が恵みの雨と私達に休日を与えてくださった。

エッ!今日は午後から頑張れって dash  予報は、雨のち曇りのお天気 

016

014

2017年7月18日 (火)

日本一大きいんだ !!!

我が家の愛猫、誰と遊んでいるの? 覗いてみると , , , ,

日本一大きな  トンボ    オニヤンマ 

少し弱っていたのですぐにレスキュー、しかし・・・

タイミングよく、そのすぐ後に 二匹のオニヤンマが飛んできてくれ、少しホッ!と

生物生息空間 ビオトープで育ったトンボ、種類が豊富です。

002

Powered by Six Apart

Information